FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  太田井敏夫さん(7)



うづ潮の望めるところバス止めてあしなえ我はめしひにすがる




十六首点訳したるのみにして秋の彼岸の中日終る




住みなれて心やすけし重不自由寮死に逝く友よ入り来る友よ




蜜柑ひとつころばしくるる眼の見えぬ友の手つきのあざやかにして




看護婦も医師も我より若くして勤むる見れば病みつぐ長し




トンプクを服みたるあとの紙切れにメモ一つして寝に就かむとす




我がためにセキセイインコ見せに来し女は鳥に物言ひながら




憩ひつつ眼つむりきけばさながらにふるさとめきて川は流るる




ふるさとを出でしかつての日のごとく川音きこゆバスに乗るとき




右の手にペンを結びて左手に蝿打ち持ちて雨の日こもる




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ