FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  赤沢正美さん(1)


記事の多くは繰り返しです。

今日から大島青松園をご紹介します。大島青松園は詩人の「塔和子」さんが有名ですが、短歌においても、記憶に残る歌人が多い。まずは赤沢正美さんから。



樹樹の芽の光りの中を歩みきて脈搏つごときいのちに酔へり




腕の皮膚剥ぎてつくりし眼瞼まなぶたに静かなり春の陽光透きつつ




怖れつつ女医学生が触るる指毛虫の如く我が顔を這ふ




交る交る女医学生に触れらるる顔半面が石化してゆく




汗滲む白き額を拭ふとき看護婦が幼き態を見せたり




ことごとく指紋潰えし我の指けふ確めてこころ淋しき




いくらかは夢も残りてゐるごとし真夏の海に身を浸すとき




幾度かしぐれつつ夜に入らむとす療舎は低く屋根を並べて




荒涼として何もなしカニューレに洩れたる我の溜息の音




ホーク掌にくくりて食事とる態も平凡にしてライ園の生





2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ