FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  内田よしさん




手さぐりに冬日もとめて黄梅の鉢を持ち出し水やるわれは




面会の母に被せむとわが夫はふくれし布団を日にかへしをり




萎えし手に絞り足らざるほし物の凍りて夜半の風にガラス戸叩く




長病みの妻に逝かれし隣室の友が点字打つ音かすかなり




指曲り固く冷たき左手より杖持つ右手は二センチ太し




別れ際に眠りいる子を抱きあげて抱かせくるる嫁はためらいもなく




わが義眼知らぬ幼な孫写真帳を抱えきたりて見よと差出す



内田よしさんの略歴
大正10年2月生れ。昭和21年5月栗生楽泉園入園。『山霧』(昭和41年)『冬の花』(昭和53年)


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ