FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  秩父明水さん(3)



盲吾等が金集め掛けし巣箱らに小鳥巣籠る若葉となりぬ




物陰は早くさめゆく地のほてり出でて跼むとき
ひぐらし鳴きぬ




冬晴れの砂利敷く道は心安し盲導線を今日は頼まず




白髪増えし
と雪庭に写真撮る眼弱き妻は黒眼鏡して




手摺れたるさるすべりの枝艶よしと人ごとにいふ君が呉れしもの




舌頭にて点字一行を読み得たる心あはあはと春雪を踏む




プロミンに半ば癒ゆれば青年等眉植うる手術次次に受く




尾根越えて
郭公かっこう鳴けば盲吾の限界も広く日日を起き臥す





眼をやみて滋養物摂ればうつそみははかなきかなや情欲起る



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ