FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

21世紀の畜産

 20100916_032.jpg  
   
 暑い夏が過ぎて、ちょっと夏バテ気味。

ここ2~3日、急に寒くなって体調もおかしい。

昨晩10時頃、久しぶりの夕立があった。

さあ、ダイコンを蒔こうと意気込んだが、身体が思うように動いてくれず、今日は蒔けなかった。

それでも夕立のおかげで、3枚の田んぼの耕運ができた。


予定では明日頃、蚕が繭から羽化する予定。

そんなに時間はかかっていないが、やはり4種類の家畜がいると時間を取られる。

・・・今は繭の状態を確認するだけ。

ニワトリ・・・購入エサ、米ヌカ、ナンキンのクズ、虫食いのエンサイを与え、水の入れ替えと集卵。

ミツバチ・・・つい足がむいてしまい、山に上がると長居をしてしまう。

ヤギ・・・夕方の出し入れと、1日1回の水の入れ替え。

ブログが長時間になっているのも夏バテの原因。今日は2時間?でスピード更新したい。


20100916_001.jpg 

水不足で状態が悪く、ハーブは根元から刈り戻した。何回か雨があれば1ヶ月ほどで出荷できる大きさになる。

ハーブティは労多くして益なし。今後は直売所出荷はしないつもり。ハーブ自体をかなり減らしたい。
(1)レモンバーム
(2)レモンバーべナ
(3)レモングラス

(4)タイム類(レモンタイム・コモンタイム)
(5)ミント類(アップルミント・スペアミント・ブラックミント)
(6)セイジ

(7)ローズマリー
(8)イタリアンパセリ
(9)スイートバジル

(10)ロケット
(11)ディル
(12)チャービル
 
(1)~(6)はハーブティ用ハーブであり、5分の1ほどに減らす予定。

(7)~(12)は料理用ハーブであり、イタリアンパセリ、ディル、チャービルは今年から止めることにした。

スイートバジルとロケットは単品でも直売所で売れる。
 


20100916_008.jpg

8月中旬頃からエンサイ、ツルムラサキ、オクラに虫害が多く、出荷できる野菜が少ない。

自分の場合は不得意な野菜が多く、直売所へは月別で下記のもの以外はあまり出せれていない。
7月~10月→エンサイ、ツルムラサキ、青シソ、オクラ
11月~12月→シュンギク、レタス、ホウレンソウ
1月~2月→ホウレンソウ、アブラナ科の菜っ葉
3月~4月→ナバナ
5月~6月→タマネギ、ジャガイモ、チンゲンサイ、レタス


20100916_004.jpg 

レタスとシュンギクの第1回目の定植をして、日よけに寒冷紗をかぶせた。



里山は40年ほど前からすでに、手がつけれないほど荒れ放題になっている。それを今さらなぜ「里山」なのか。利用価値もないのに。

もう一度「クド」を復活させるのか
もう一度「風呂焚き」を始めるのか

里山を整備できるのは団塊世代の「定年帰農者」しかいない。この世代の方は子供の頃の「農の原風景」が頭に刻まれているだろうし、子供の頃に親を手伝って山仕事の経験も多いと思う。カネも時間もあるこの世代に託すしかないと思う。

現役世代の農業者は里山どころではない。


21世紀の畜産

蚕という家畜も、ヤギという家畜も、ミツバチという家畜も、すべて国産の自給飼料である。自給飼料ではなく輸入飼料に多くを依存するのは、鶏、牛、豚である。飼料が自給できる範囲内で飼うのが正しい飼い方だと思うが、それができないなら、購入飼料(輸入飼料)への依存度が少なくなるように、頭数を減らした方がいいと思う。45年ほど前までは、牛は各家で1~2頭飼いだった。毎朝「チョウタ(ねこ車)」に竹で編んだ大かごを乗せて、それがいっぱいになるだけの草を鎌で刈るのが日課だった。

そういう牧歌的な時代にはもう帰れないが、口蹄疫のリスク分散のためには、大規模集中ではなく少数分散の飼育に移行せざるを得ないと思う。それができないなら口蹄疫の悲しみがまた繰り返されるだろう。

ニワトリの鳥インフルエンザも同じ。安全を追及するあまりますます薬漬けとなり、突然変異の耐性菌が発生しやすくなる。

少数飼いでは農業経営が成り立たないが、農業はそんなものだと思う。この点が商業や工業の資本主義と根本的に異なる。

21世紀の畜産は、より小規模に、一ヶ所集中ではなく多数に分散していくことが、
環境のために必要であり
畜産物の安全のために必要であり
危険分散のために必要であり
自分の癒しのために必要であり
飼料の自給のために必要であり
水質保全のために必要であり
何より次の代のために必要である 

2030年 農業の旅→
ranking

     
 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ