あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  村越化石さん(1)


今日から俳句に移ります。村越化石さんの俳句は意味がよくわからない句も省かずに紹介させて頂きます。

村越化石自選八十句より

「独眼」


除夜の湯に肌触れあへり生くるべし




生き堪えて七夕の文字太く書く




望郷台青春の
こうべ垂れ登る




会ひて安し夏の夜母の横座り




湯豆腐に命儲けの涙かも




もの蒼む梅雨や片眼を失くし佇つ




径引入れからまつ無限の霧雫




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム