あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  松岡あきらさん(1)




還暦へ子と呼ぶ母の便りくる




母の住むかなたの星に見取られる




義眼から枯れた涙をしぼりだす




人権は名ばかり寮はまだ雑居




配食車零下の雪をけってくる




眼帯をかけて世間の裏を知り




義肢ぬいできょう一日の旅を終え




義眼にも世相が容赦なく写り




押入れをねずみに貸してひとり住む




笑い合う君にもあったしわの数




死んだあとまで雑居する納骨堂




ふろまでの歩幅をきめる白いつえ





2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム