あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  松下峯夫さん




母の文拡大鏡で読む視力




病んだ眼に恩師の賀状ただ白い




築山のように浅間をのぞむ園




巣箱から飛び立つひなの振り向かず




薬包紙何かを書いてからまるめ




舌先に血がにじむまで読む点字




張り替えた障子がこわい盲の手




めざましに休暇をやって寝正月




見えぬ目にただ一つだけ見える夢




舌先にさぐってもらう指のとげ




全快の夢ばかり見る病みづかれ




母なればこそもちしょってきてくれる




指で読む点字を舌で読む根気




折りづるの数が薬を飲んだ数




消燈へ喜怒哀楽も消して寝る




松下峯夫さんの略歴
栗生楽泉園 『ふるさとを捨てて』(昭和47年)に採録



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム