あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  垣岡義純さん



ふるさとの便りとだえていくとせか




そっと来てナースふとんをかけてくれ




はいはいと実習生のいじらしい




名医の転任ともづなが切れたよう




ふるさとの祭りばやしが耳にあり




弱視でもことしも書けた年賀状




掃除婦はベッドのよごれ口にせず




消毒がばらの素顔を少し換え




捨ててきたわがふるさとは城下町




療園は静かに暮れて湯のかおり




こおろぎもとぎれとぎれに通夜に鳴く




里帰り目と目で語りそれでよし




里帰り苦労をかけた母の墓




高原の暑さ寒さを盆が分け




こおろぎは雨に追われて床の下




容体に励ます言葉なく帰り




ほころびを付添いさんは見逃さず




寝姿を浅間白根にのぞかれる




垣岡義純さんの略歴
栗生楽泉園 『ふるさとを捨てて』(昭和47年)に採録。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム