FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

再度、農林関係予算について

 0901050013.jpg

 春はまだまだ先だが、タンポポが咲いていた。


0901050031.jpg

(今日の夕飯)
ダイコンの煮物・・・シイタケ、アゲ
ホウレンソウのおひたし
牡蠣フライ・・・市販の惣菜



農林関係予算について

 2009年度農林関係予算は12月22日、2兆5605億円で決着した。
 
 毎年これぐらいの予算が計上されてきたにもかかわらず、何故、日本の農業は風前のともし火なのだろう。

 予算の配分がおかしいのではなかろうか。

 農業振興の効果が果たして出ているだろうか。

 ビジョンのある投資になっているか。

 農林関係の予算を見ても、内容がよく理解できない。

 以下のように箇条書きにされているが、数値がピンとこない。

水田等有効活用促進交付金等・・・・・・・・423億円

水田・畑作経営所得安定対策のうち、
生産条件不利補正対策・・・・・・・・・・・・・1549億円
収入減少影響緩和対策・・・・・・・・・・・・・・757億円
産地確立交付金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1466億円
地域担い手経営基盤強化総合対策事業・・81億円
農地確保・利用支援事業・・・・・・・・・・・・・・・・70億円
農地確保・利用推進対策支援事業・・・・・・・・・4億円

耕作放棄地等再生利用緊急対策・・・・・・・230億円

国産原材料供給力強化対策・・・・・・・・・・・・・・55億円

食農連携促進事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8億円

食品小売機能高度化促進事業・・・・・・・・・・・・・・3億円

地産池消モデルタウン事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・4億円

中山間地地域等直接支払い・・・・・・・・・・・・・・・234億円

農地・水・環境保全向上対策・・・・・・・・・・・・・・277億円

子供農山漁村交流プロジェクト対策事業・・・・・・・・6億円

条件不利地域における未整備森林の早期解消・・85億円

木材産業原料転換等構造改革緊急対策事業・・・・・5億円

 
 農林関係予算の非公共事業は前年度比2.3%増の1兆5653億円になり、2004年以来5年ぶりに増加した。

 大幅に削減した農林公共事業は前年度比10.1%減の9952億円と、1977年以来となる1兆円を割り込んだ。

 1兆円を割り込んだといっても、まだ1兆円近くある。

 農林公共事業とは、集落排水事業(下水事業)等をいうのだろうか。農林公共事業は、ほとんど農業振興に貢献していないのではなかろうか。

 田舎の広域農道は、農林公共事業なのか、それとも国土交通省の道路事業なのだろうか。

 広域農道と集落排水事業(下水)に莫大な金額をつぎ込んでいるから、今、国も地方も借金まみれ。

 上記の箇条書きの数値を全部合計しても5257億円にしかならない。

 残りの1兆円ほどの金額の説明がない。

 予算は全部使いきっているのだろうか。使いきれなかったものはどうなっているのだろうか。

 だいたい、農林関係予算をハコモノの農林公共事業と、非公共事業と合体した数値で表すこともおかしい。ハコモノ事業は農業振興にほとんど役立っていない。
(1)狭い田んぼをまとめて広くする圃場整備事業・・・並行して減反政策が始まった
(2)干拓事業・・・事業費と農業売上の費用対効果が悪すぎる
(3)広域農道事業・・・通行車両がごく少ない 

 2兆5605億円(1兆5653億円+9952億円)という数字が、常に頭に浮かんでくるように暗記しておこうと思う。

 過去30年間の農林関係予算の金額の推移を知りたいが、ネットで見つからない。

 いったい、農業者の何割がこの予算の恩恵を受けているだろうか。

 

地下水の争奪

 地下水は欧州連合(EU)の水使用料の70%を占めるほか、サウジアラビアやチュニジアなどのように、水資源のほぼすべてを地下水に依存する国もあり、世界人口の約4分の1が唯一の飲料水源として頼っている。

 複数の国にまたがって存在する地下水をめぐる紛争を未然に防ぎ、その保全と持続的な利用を目指そうと、国連の委員会がまとめた初の「国際地下水条約」の原案が明らかになった。(山陽新聞1月4日)
 


泳ぐイノシシ、島から島へ


 中四国や九州地方で、海を泳ぐイノシシの目撃例が後を絶たない。愛媛県宇和島市の漁師は「この辺りでは常識」と話す。「10年ぐらい前からよく見る。島から島へ渡るという話もある」。
 海を渡る理由を「飽和状態になったり、駆除で追われたりして新しいすみかや雌を求めて海に入る」。(山陽新聞1月4日)

 
 

あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

 

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ