あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  中尾一哉さん




風鈴の音が知らせる友の寮




園内にお産の神さまある皮肉




目隠しがいらぬめしいの西瓜割り




虫の音が寮まで送ってくれる夜




ぬぐ靴の中から草の実がこぼれ




妻の留守ソースか酒か鼻にきく




ジングルベルわたしのつえもリズミカル




舗装路へこぼした砂利に迷う杖




落し物探す時にも杖の役




健忘症呑む約束はよく守り




コロコロと音の行く方の銭探す




電柱も白杖によき道知るべ




盲導線うずめた雪をさぐる杖




若草の命の上におろす腰




ふる里は栗生と胸に言い聞かせ




中尾一哉さんの略歴
栗生楽泉園。明治41年兵庫県生まれ。昭和55年5月「高原川柳会」入会。『ふるさとを捨てて』(昭和47年)に採録。


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム