FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  平田政道さん




スピーカーにて吾子と同じ名呼びをれば新患の子を我は見にゆきぬ




我が癩に効くとしきけば火葬場に真夜中行きて骨を盗みき




声高く話す医師と口寄せて話す医師とありき耳遠き吾に




妻子らと夢に会ひゐしなさかにて布団直しくるる巡回の看護婦さん




襲い来る台風に雷も加われば怖ろしくなり補聴器はずす




療養呆けのあたまを鍛えんと広辞苑をめくる鷲手の指に




花芽つきし沈丁花の鉢を思いきりきびしき霜に幾度もさらす




小春日の光さし入る畳の上腰の抜けたる蝿がよろけおり




移り来しこの庭土になじめぬか未だに蕾をもたぬ紅ばら




君を悼み集い来たりし友らの歌四十七首慎しみ読みぬ
(こんなに悼まれたのは楽泉園のどなただろう)




わが病癒えぬと知りつつ再婚せず保母となりたる故里の妻




故郷の雁木通りを憶いつつ吹雪ふきこむ病棟の廊下ゆく




スピーカで呼び出されしは思いがけぬ二十三年振り面会の弟




千CCのリンゲル射たるる大腿部見る間に芋虫の如く腫れきぬ




再び三たび原籍を変えて遁れこし癩園に還暦の年をむかえん



平田政道さんの略歴
大正4年生まれ。昭和23年栗生楽泉園入園。「高原」所属。昭和57年没。『山霧』(昭和41年)『冬の花』(昭和53年)『凍雪』(昭和63年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ