FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  沼尾神四郎さん(1)



盲ひわれに盲ひの友が唇にてさぐりつつ足袋を履かせてくれぬ




癩園にわが果てゆかむ日思ひつつ卵売りし銭は箱にためおく




鶏小屋をなほすと妻が釘うつ音盲ひし大工のわれはききをり




鼻落ちてゆがみし面貌もおのれには見えざるを幸と思ふことあり




特重病者我ら演奏せし郭公ワルツ癩予防デーの朝ラジオより流るる




義弟夫婦がわれに面会に来るといふ理解ありてか好奇心持ちてか




他人の思惑窺ひ居ては何も出来ぬ盲杖持ち直し舗装路歩む




病歴に必要なれば拒まれず病み崩えし顔写真に映さる




鉢植の枇杷の苗木を雪解けし庭に移さんと位置を考える




この年は療友多くみまかりきしみじみと食う年越しのそば




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ