あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

タジン鍋

IMG_8118_20171018185400b9a.jpg

初物ニンジン。まだ小さいが、まびき収穫を始めた。


タジン鍋


IMG_8120.jpg IMG_8123.jpg IMG_8127_201710181854114c6.jpg

タジン鍋の下敷きにタマネギのスライスを置き、ナス、ピーマン、パプリカを適当に切って置き、オクラを置き、初物のジンジンを薄切りして置き、シイタケのスライスを置き、ベーコン3枚を半分に切って置き、ニンニク醤油のニンニク2片を薄切りして置き、ニンニク醤油で味付けし、胡椒をふり、煮立ったら極弱火にして20分、火を消して余熱5分で出来上がり。




落花生

IMG_8124_20171018185412a32.jpg IMG_8134_20171018185329174.jpg  

落花生を茹でた。「旬!生落花生のゆで方!」を参考にした。




ニンニク醤油

IMG_8129_20171018185327d0c.jpg IMG_8132_20171018185327715.jpg IMG_8136_20171018185330a10.jpg 
IMG_8138_20171018185331806.jpg 

ニンニク3~4球は鱗片をはずし、包丁で皮をむいて水洗いし、百均の瓶に入れ、醤油を注いで出来上がり。1日常温に置き、その後冷蔵庫で保存し、10日ほど経過したら使い始める。

合計で3瓶作った。すでに植えたニンニクの芽が出てきているので、ニンニク醤油作りは今回で終わり。次回作るのは新ニンニクが収穫できる5月末~6月上旬頃。




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム