あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  浅井あい さん(3)



鉄びんの湯気たちこむる炬燵の中麻痺のわが手が和らぎて来ぬ





かぎ形に曲りし麻痺の小指にも爪は伸びつつ生命かなしき






つきつめて悲しくなれば点字器にわれは対い居ぬ肩の凝るまで







三たび父の臨終のさま読みもらうわれはつぶさに記憶せんとして







この知覚足にあるうち故郷の日本海のかの渚踏みたし






この夕べ指折り数うるにわがための点訳奉仕者十人を越ゆ






その昔脱けゆきてむごく罰せられし柊の垣に添いめぐりゆく





三十年病みつつ友にも隠し来し姉弟の名も住む街の名も





帰郷しないから安心あれ眉生えしを告ぐるたよりのあと書にかきぬ






看護助手獲得すべく座り込みにめしいのわれも旅立たんとす




2030年 農業の旅→ranking
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム