あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

5群のうち、2群の籠城時間が長い


IMG_7930_2017101019580155b.jpg IMG_7933_201710101958037bb.jpg 

スズメバチの勢いが一向に衰えない。いつ見回っても、5群全てに襲来している。

このうち2群は籠城の時間が長くなったが、他の3群はまだ籠城はしていない。

スズメバチは群の強弱をすぐに見分ける。もちろん強い群にも襲来するが、犠牲はそれほど大きくない。それが弱い群になると、スズメバチが巣門に止まるので、外に出られなくなる。

籠城の時間が多くなった群は、週に1回の掃除のとき、底板にかなりの巣くずを落としている。つまり貯蜜を食べながらしのいでいる。

側面支援は、
(1)ネズミ捕り用の粘着板を設置する(粘着板いっぱいに捕獲できる場合もある)。

(2)ペットボトルの捕獲器を10日に1度ほどのペースで交換する(30匹ほど常時仕留めれる)。

(3)毎日の見回りの時に、バドミントンのラケットで叩き落とす(1~3匹)。

襲いかかってくるスズメバチの数からしてみれば、たいした支援になっていないかも知れないが、何もしないよりは効果はあると思う。

籠城の時間が多くなった2群には、後40日ほど(スズメバチがめっきり少なくなる11月20日頃まで)耐え忍んでくれることを願っている。


2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム