あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  沢田五郎さん(9)



八つ割りの柿七つ食い皿は空一つ畳に落したかもしれぬ




心眼は肉眼に勝るなど言えど肉眼なきはしごく不便なり




拾いくれし一片の骨掌に確かめ甕に納むる盲いの我は




国奪われ渡り来し少年
金夏日苦しき恋もしき日本の少女と




恋いやまぬ祖国の丘に父の骨抱き帰りき盲いの君は




ライの息子をただ一人おきては帰れぬと一家帰国せしめ残りしその父




劣る民と軽んじられライとて蔑まれ生き来し君は常に穏やか




ほととぎす栗生の盲いの友の耳訪えと詠いし鹿児島先生




らいに盲い嘆かう人の拠り所と己詠いしは土屋先生



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム