あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  沢田五郎さん(8)



お味噌汁麩です熱いです気をつけてと気遣い給う我ら見えねば




読書慰問の人に交じりて小三の教科書読みしが今変声期




暮れゆけば陰り怪しく浮き立てり心に描く花は自在に




「河畔の宿」の記念碑に沿い立つ裸婦像を高峰三枝子だと撫でる盲いら




大阪の老いし盲女の編み帽子耳の凍える朝朝着て出づ




拠り所人は求めて生きるなり闇の底に編むこの人もまた




紅もささず着飾ることもなき妻の思いがけず絢爛たる花を植えにし




人の世の汚れおよばぬ位置にして星あり星
かげにいま濡れている




常闇へ張り詰めている我が弦に星光触れてりりりと鳴れよ



2030年 農業の旅→ranking
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム