あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  沢田五郎さん(3)



癩きざす顔におののきいつもいつも鏡見ていたる少年の日よ




さげすみたる人の名記しおき何時の日か仇討たんと誓いき幼き兄と




悲しき人ひとりふえたり秘めおきしらいのうからを
義姉あねは知りける
(うからとは親族のこと)






わが歌集兄は涙して読みしとぞ材木相手のあらくれの兄よ




桜の枝にあるかなきかの冬芽なりそっと噛んで見る奥深き生命




女中にて姉が得し金せびりたり父は貧しくわれら幼く




腕を組み戦列に伴う君らなくば孤独のらい者にてあるいは果てんか




手を曳いてくれ顔に噴く汗は拭いてくれ明日を開く友らの暖かきこと




ペンを咥えて字を書く君と知らざりきその字さげすみしこともありけり
(「新堂ひろし歌集」を読む)




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム