あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  谺 雄二さん(1)



病床で



うかつに 病むことは

ゆるされぬ

まして 病んで 死ぬなんて

平和すぎて

ボクの性には あわない

だのに ライを

八つの時から 病んでいる


ボクの朝は またしても

夜から 取り残され 充血

直立歩行への 焦燥にかられ

なお畸形を ふかめる 風景の中

ボクはようやく わが体臭に めざめる

オヤジよ! 思わず 呼び

息子の位置は するどく

えぐられる━━オフクロはライに死んだ


わが体臭を かぐ

病床に あぐらをかいて

胸元を はだけて

その痛み かなしみを かみしめ

肚いっぱい 体臭を かぐ

すると ボクの 体の中に

重い手ごたえ 確かにあって

しかもそれ 病んで とげとげしく

痩せ細った ボクの神経を あばき

さらに荒々しく 心 踏みにじり

むかつくほど 熱っぽく

ボクを おそう


たわけが

いつまで 病む気か!

じんと こみあげ

ボクを搏つ 体臭━━

オヤジは すでに年老いて

もうじき 死ぬ

働いて 働きぬいて

報われもせず ついに骨枯れて

ある日

オヤジは 死ぬ


しかし オヤジ!

この まっぴるま

ボクの病室の 窓にも

すごく青い 八月の 空

ライの 汗と垢と 屈辱の

傷のにおいに まみれてなお

ベッドの上の 息子に伝わる

あなたの 体臭が ある


その体臭を かぐ

いかにも 病んで

死んでは ならぬ

 


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム