あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  松崎水星さん(3)




高原の冬ながければ夏の間に支給さるる炭は貯へ置くべし




紅のばら匂ふ鉢ひきよせて吾は聞きをり点字歌集朗読




金沢貫一君を悼む

みづからの骨壺包むと白布を君は行李にしまひてありき




ひぐらしの声かと思ふこの夕べ熱たかまるか耳鳴やまず




目あき二人盲ひ五人がひっそりと吾が枕辺に歌つくりをり




台風の進路あやぶみ鉢の菊部屋に置き並べ床せまく寝る




リラ植ゑて垣根に仕立てむ計画も病み臥す吾のただ思ふのみ




次次にみかまりし友の形見着て吾は寂しく生き残り居り




居住権を護らむために常会に背負はれて来ぬ吹雪の中を




久びさに廻診に来し園長がまだ両足はあるかと聞きぬ





2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム