あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  山崎克己さん



母の姿



僕が癩を病んでいた 或る夜

母は床のかたわらに優しく

その瞳は涙と

不眠の疲労とで夕焼け空のように

美しかった

そして

水ごりをとり

村の神社にお百度を踏む母の

頬はやつれ

白ろうのような顔に光りを視た


その夜

母は 僕を抱いて

泣き崩れ

細ヒモを僕の首に巻きつけた









悲哀


二人の僕が夜の街へ出た

一人の僕が

アスファルトの大通りをあるき

一人の僕は灯かげの

ゆらめきに

ひそひそと歩いて行く

僕達は癩病者なのです


本屋がある

ダンスホールがある

芸者屋がある

一人の僕は

ネオンが・・・

街の灯が・・・

突刺さるから痛いといって

裏通りを歩きたがる


もう一人の僕は

街の灯に反抗して

鋭い眼ざしで

酒屋の暖簾をくぐった


街から

療養所への

帰りみち


酔い越しの

苦しみに嘔吐する僕と

その僕と

涙眼で嘲笑する僕が

一緒になって

拾い求めたものは

夜露にぬれて

冷えきった固い石塊でした



山崎克己(金子勇)さんの略歴
1929年埼玉県に生まれる。1946年9月19日栗生楽泉園に入所。1953年死去。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム