あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  高橋晴緒さん(3)




遺稿  あゆみ
━━病床にて



━━その野原は

美しい花園だった

人間が

まだ誰もつくったことのない

花が

いっぱい咲いていた


彼岸をさかいに

おれは

母からいただいた一枚のキモノを着て

立っている

だがそのキモノは

もう、つぎはぎの出来ないキモノだった━━

(おれはいま
ライ者特有の神経痛に悩まされている
足腰の立たない
五尺五寸・九貫たらずの身体
神経痛はまるで静脈に射した塩酸コカインのように
絶えまなく
しびれまわる)


・・・おれは・・・ある日・・・

東海道線・・・を・・・突っ走る・・・

・・・列車に・・・

乗って・・・いた・・・

・・・窓外の・・・風景・・・は・・・

十三年・・・の・・・歳月を・・・

・・・経ていた・・・


・・・とある・・・工業都市の・・・

駅・・・に・・・

・・・おれは・・・降り・・・立った・・・

二十年を・・・

・・・生きて・・・きた・・・

この・・・故郷・・・の・・・地に・・・

・・・富士は・・・

無言で・・・

・・・おれを・・・迎えて・・・くれた・・・


・・・バスや・・・電車を・・・

さけて・・・おれは・・・二十年前の・・・

・・・夢・・・の・・・中を・・・

歩いて・・・いる・・・

・・・友・・・が・・・

来る・・・
 
・・・旧い・・・知人達が・・・おれと・・・

擦れ・・・ちがって・・・行く・・・

・・・だが・・・

彼等・・・には・・・

・・・この・・・おれ・・・が・・・

見え・・・ない・・・


・・・名所・・・「左富士」・・・

そこで・・・

・・・おれは・・・立止る・・・

生家・・・に・・・行こうか・・・

・・・父・・・弟・・・先祖代々の・・・

眠る・・・

・・・奥津城・・・に・・・

行こう・・・か・・・


・・・おれは・・・

やがて・・・吸いかけの・・・煙草を・・・

・・・踏み・・・にじり・・・

一歩・・・一歩・・・あるいて・・・行く・・・

・・・歩いて行く・・・歩いて・・・

行く・・・

(1958・11・2 口述)




高橋晴緒さんの略歴
1913年11月2日静岡県生まれ。1940年12月23日栗生楽泉園入所。「高原」編集部に所属。同誌に随筆などを発表している。1958年12月4日死去。
 

「癩夫婦」、「いのち」、「誰に手紙を書こう」の詩が時代を超越している。古さが全く感じられない。
治癩薬のプロミンは高橋さんにはあまり効果がなかったのかも知れない。
「誰に手紙を書こう」に、「二十代の私には背負い切れない宿命の重量を背負って武蔵野の癩園に入った あの柊の垣の中に若い世代の血を秘めて暮すことは苦しい忍従だった」と書かれているので、多摩全生園にも在籍されていたようだが、略歴には詳しく書かれていない。



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム