あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

栗生楽泉園  香山末子さん(2)


朝湯


朝の四時から五時が

私の入浴の時刻

やっと支度をととのえて

窓を開けて外を眺める

外はそよそよと風が吹いて

はるか遠くまで流れて行く

草の色や葉の恰好までが

みんな見えそうな感じ


ビニール袋を足に被せ

足首のところでゴム紐で止める

そんな苦労も

あの風にのってとんでいってしまったようだ










梅の花


なぜても感じのうすくなった私には

花など縁遠いものと思っていたら

耳鼻科の婦長さんが

新聞紙に包んだ大きな梅の枝を渡してくれた

私は匂いをかいで思わず唸ってしまった

「香山さん いい香りを嗅いだ時ぐらい 軽い声を出しなさい」

婦長さんの声ははずんでいる

しばらくして私は

去年梅の花と会わずじまいだったことを思い出す









朝焼け


男の付添さんが大きな声で

━━朝焼けだ━━

と教えてくれた

ぶっきらぼうないい方だけど

私の暗い気持がとんでいく


朝焼けの真赤な空の色

だが強い太陽が昇ると

消えてしまう

いつまでもつかまえて欲しい

今日の朝焼け


今日一日

昔見た朝焼けの色を思ってみる



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム