あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

北條民雄さん 続癩院記録(1)


ハンセン病文学全集4「記録・随筆」P560~P562を抜粋しました。


 癩院にはどこの療養所でも親子、或は兄弟が揃って入院しているのが少なくない。と言うよりも半数以上は親兄弟を持っており、これによっても如何に家族間の伝染が激しいかを思わせられる。一体癩菌が結核その他の慢性病に較べてずっと伝染力が弱いということは医学でも言われていることであるし、また患者数の激増等のない点から考えても頷けるが、やはり家族間では長い間の接触や、幼年期の最も伝染し易い時期に於ける病父母との接触等によって伝染がたやすく可能なのだろう。

 『(前略)お正月の五日頃、愛生園のお父さんから、年賀状が届きました。お母さんが封をお切りになると、陽子さん清彦さんと書いた手紙も入っていました。お母さんは、其の手紙を私に渡して下さったので、すぐその手紙を読みました。
 陽子ちゃん清ちゃんおめでとう。皆んな無事で楽しいお正月をしましたか。お父さんはお前たちと別れ別れのお正月で何となく淋しい心持のお正月でした。早く此の父も病気をなおして、家へ帰り、一家揃った楽しいお正月をしようね。今頃、そちらは雪が沢山積もって居ることでしょうね。けれどこちらは大変暖かく、梅の花が咲いています。(中略)
 それからは、お父さんのお手紙が待遠しくてなりませんでした。郵便屋さんが通ると、手紙が来ないかしらといつも表へ出て見たりして居ました。
 私は其の中に病気になってしまいました。病気になる前はどうしてか、私は眠くて仕方がありませんでした。学校の授業時間にもこくりこくりと居眠りばかりして居ました。
(中略)
 其の中にお父さんも帰って来ました。其の日、私はお母さんの後について、畠へ行って居ました。妹の悦ちゃんも、弟の清ちゃんも学校へ行って居りました。そうして、「お母さん姉さんただ今」と言って帰って来ましたが、ざしきにお父さんが居るのを見て、不思議そうにじっと見つめるのです。私たちが「だれか分る」って言うと「ううん知らない」と言って頭をふっていました。するとお父さんは「忘れたろう、もう長い事会わなかったからな」と言って笑って居ました。
 其の夜は一家そろって楽しい、嬉しい夕ごはんをいただきました。それからお父さんはおいしゃ様のように私たちの体を見ました。そうすると、私の外に、お母さんと弟が病気でした。そして「姉さんも兄さんも妹も病気と言う所はないようだが、体が弱かったから一度あちらで見てもらわなければいけないだろう」とお父さんは言われました。私はこちらへ来ると言う事をとなりの光ちゃんだけに知らせました。(後略)』━━第六巻第六号『愛生児童文芸』所載。尋六、陽子作━━
 
 これは一例であるが、これに類した事実は実に多いのである。
 私の病院には今百名あまりの児童がいるが、これらの子供たちも殆どが親か兄、或は姉などと一緒に入院しており、中にはまだ十歳に足らぬ幼児の姉弟などもいる。その姉弟は姉が十歳、弟は八歳で今年学園へ入学したが、それでも病気の点からいうと私などよりもずっと先輩で、入院してからでももう五六年にはなるのである。弟の方などは珍しいくらいの早期発病で、三つくらいのうちからはや病者となって入院していたのである。
 
 まだ寒い風の吹く三月初めの頃十二歳の少年が入院した。病気は軽く、眉毛は太く、くりくりとした大きな眼は田舎の児らしく野性的な激しさで輝いていた。が、右足を冒されていて関節がだめになっており、歩くと足を曳きずって跛をひいた。この子は叔父に連れられて来たのであるが、別れる時になると医局の柱にしがみついて大声で泣き、その夜も一晩泣き通した。実の父親とは八年前に生別したまま、叔父に育てられて来たのだそうである。
 
 ところが、この少年にとっては全然想像することも不可能になっていたのであろうその父親は、やはりこの病院に入院しており、病み重って重病室に呻吟していたのである。勿論間もなく少年も父のいることを教えられたが、しかし、これがお前のお父さんだ、と重症の父親を示された時、この少年の神経はどんなにふるえたであろう。父親は高度の浸潤にどす黒く脹れ上って、腎臓病者のように全身がぶよぶよになっており、あまつさえ喉頭癩にやられた咽喉には穴があき、カニューレでかろうじて呼吸をし、声は嗄れて一声出すたびに三四度もその穴で咳する有様である。━━実は私がこの親子を初めて知ったのは、この父親の入っている病室の付添を頼まれた時のことで、それ以前からその少年が入院したことは知っていたが、父親がいようとは夢にも思っていなかったのである。少年は毎夜父親の許へ来、何かと世話するのであった。当直をやっている夜など、ちょろちょろと廊下を伝って現れ、当直寝台の上で本など読んでいる私を見ると、ぺこんと一つ頭を下げてニコッと笑い、父親の枕許へ寄る。また私がT氏に教わりながらカニューレの掃除をしてやっているところへやって来たりすると、少年は恐怖と好奇心との入り乱れた表情で父親の咽喉にあいている直径二分くらいの穴と、その穴から抜き出したカニューレの管に細長く切ったガーゼを押し込んだり抜いたりしている私の手許とを見較べるのであった。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム