あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

北條民雄さん 癩院記録(2)


ハンセン病文学全集4「記録・随筆」のP544~P546を抜粋。


 
 病院とはいうが、ここは殆ど一つの部落で、事務所の人も医者も、また患者達も「我が村」と呼ぶのが普通である。子供は午後から学校へ通い(午前中は各科の治療を受けねばならない)大人達は朝早くからそれぞれの職場へ働きに出かけて行く。
 
 仕事も一村に必要なだけの職業は殆ど網羅されていて、大工、左官、土方、鉄工、洗濯屋、印刷所、教員、百姓、植木屋、掃除夫等々、その上にここのみに必要な仕事としては、女達の繃帯巻き、不自由舎の人のガーゼのばし(一度使用された繃帯やガーゼは洗濯場で洗われる。それを巻いたり広げたりする仕事を言う)その他医局各科の手伝い、不自由舎・病室の付添など、失業ということはまずないようである。
 
 作業賃はだいたい十銭が原則であるが、仕事によってはやはりまちまちである。勿論強制的に就業しなければならないということはなく、それぞれの好みに従って仕事を選んで良いのである。義務作業といわれるものも二三あるが、これは交替で行われる。例えば重病室や不自由舎の付添夫が神経痛や急性結節で寝込んだりすると、健康舎から臨時付添夫が出なければならない。この場合も作業員は十銭が支給される。
 
 小遣いは一ヶ月七円と定められているが、それは自宅から送金されたものを使う場合であって、院内で稼いだ金はいくら使っても差支えない。だから働いていさえすれば小遣いに困るといういうことはないようである。また不自由になって不自由舎の人となり、或は三年五年と重病室で寝て暮したりする場合には、毎月いくばくかの補助金が下がる。
 
 女達の仕事としては前にも言った繃帯巻きがその主なるものであるが、その他には医局各科の手伝い、女不自由舎の付添などがある。また男達の着物を縫ったり、ジャケツを編んでやったり、洗濯物を洗ってやったりする仕事もある。
 そのうち、良い金になると評判されているのは洗濯と女の盲人のあんまである。
 あんまは上下三銭、洗濯は掛布団の包布が二銭、敷布が一銭、着物・シャツその他は凡て一銭というのが不文律になっている。しかしやはり数多くやり、いわば薄利多売的傾向をもっているので案外の金になるそうである。

 
 もっとも洗濯屋は、誰でもすぐ思い通りに開業するという訳にはゆかない。やはり永年ここにいた者でないと信用がないので、得意をもつ事が出来ない。得意先が出来ると毎日御用聴きに廻るところは、院外の商売と似ている。
 
 男達は仕事から帰って来ると、すぐ長い着物を着て女舎などへ遊びに行くのが多いが、しかし働き者はそれから農園に出て大根を作り馬鈴薯を作る。中には女房と二人で暗くなるまで土を返すのもあって、ちょっと平和な風景である。
 
 こうして作られた農産物は、炊事場に買い取られる。得た賃金は女達の半襟になり、腰紐に化ける。また独身者は農産物を炊事場に出すのを忘れてこっそり女舎に貢いだり、将を射んとせば先ず馬を射よで、相手の娘の兄のところへ提供して敵本主義をやる。女の方が男よりも癩に対して抵抗力が強いということは医学でも言われていて、病院には女が非常に少ない。だいたいのところ女は男数の三分の1で、だから癩者の世界では女は王様のようなものである。
「ちぇっ、女なんか。」男たちは一様に軽蔑したような口を利くが、実は内心女の顔色を窺っているのが多いようである。


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム