あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

身延深敬園  猪飼敬民さん(1)



おりをりは征きて還らぬ子らのこと言ひ出でる母の背円みたり




谷底の夕餉の煙りたゆたひて山の頂闇迫りたり




暗胆たる空洞を北條民雄ゆき明石海人が行く今日吾も亦




無花果の葉をうつ雨の過ぎゆきて
はりヽヽ伝ふ鼠今宵は絶えぬ




朝朝に菜園は露しとどにて青
くびあげし大根の列




流木を引きあぐる声こだまして狭空青く秋は来たれり




山畠は小豆のはぜる音のして白雲ゆるく東に流る




参観の人等ひとときに我が前を過ぎゆきてまた遠き隔り




目白めじろ飼ひ山雀やまがらかふて餌つけ説く手なえし人のおもてかがやく






無花果の熟れ実に蜂のあまたゐて今日一日は心安らぐ




愛情と言ふ言葉むやみにひびき植民地的映画終りたり



2030年 農業の旅→ranking





このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム