あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

身延深敬園  村山義朗さん(2)



幾年を忘るること無きおかっぱの吾子の姿の胸に育つも




身に触るる風ここちよし畑径の朝の散歩は山羊をともなふ




宵闇に忍びて立ちし故里の吾が家の門に父母の声きこゆ




故里の夜の山河は変らねど人目おそれて吾が還り来ぬ




病み長き身をばかたみに助け合ひ妻は花瓶に花活けくるる




手の指の病みてなければ人目さけ御堂の外より合掌をする




手さぐりに足ならし居る病友は止りては笑みまたあるき出す




せんじ薬妻にのましめ食器など疵の手ぬらさず洗ひ終えたり




七年を過ぎ子等と再会叶ふ妻みにくくなりし身を嘆くなり
(療園で再婚したが、妻にも子供がいた)




会ふ人に合掌し登る女ありはだし詣りの祈願こめしか



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム