あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

身延深敬園  村山義朗さん(1)




日曜を子供ら背に薪を負ひ山を下りゆく姿いじらし




木瓜ボケの咲くあたりに強く陽が当り静けき午後を鶏遊びゐる




崖淵に身を投げ死なむ衝動も我が子の愛に曳かされて断ちき




終日を小鳥来遊ぶ庭ハゼの今年はとみに実の少かり




母父は健かなるらし今年また送りくれたりこの白き餅




陽溜りに囲ひし葱は霜除の藁ぬきいでてさやかに青し




朝なあさな妻と語りて窓の辺の桜の咲かむ日を待ちてをり




虫の音を聞きつつ妻と此の宵を月の涼しさに寝惜しみて居る




亡き妻の法要終へて此の朝を追はるる如く故里を出づ




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム