あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

身延深敬園  松浦扇風さん(3)




呉服屋は世辞よく品は並ぶれど癩者吾れらに手をふれさせず




三十年病みあへぎゐてなほ命生きむと今日もプロミンを討つ





新患者に早く故郷を忘れよと励ます吾は母を忘れず







病み古りし身の不自由を歎きつつ一途に吾れを頼り来る妻





息の今絶えしと思ふ瞬間にごくりと一つ咽喉が鳴りたり







離す事なかりし頭巾今は脱り君が死顔を肉親に見す




法師蝉鳴きて寂しき木の下に君が墓穴用意されたり




長病みの軽くなりたる妻を背負ひ泥濘の道を診察にゆく





寒き夜を更かして独り起きてゐる飲むにもあらぬ湯を沸かしつつ




病まざれば貧しともよし薪負ふて母子は急ぐ日暮れの村に



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム