あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

身延深敬園  鈴木靖比古さん(5)



眉落ちし時には人の眉を見き手の萎えし今は人の手を見る




創刊のころより樹海に学び来てよくぞ保てりいのちも歌も




知覚なき手にて知覚のなき顔をきよめて朝のこころととのふ




諦めてをれどときをり生きてゐる証のごとく襲ふかなしみ




プロミンの無き世の癩の哀しみを嘗めつくしたる海人の歌




嚥下えんげ力麻痺におとろへ雑煮餅食べつつこはしのどとほるとき




二百余の園の仏の盂蘭盆会修する導師わがつかまつる




二十年ぶりの会ひぞとよろこびて友は盲ひし目をわれに向く




故郷の母死にたりとだしぬけに告げ来し電話胆つらぬきぬ




母の死に駈けつけて今生の訣れさへ惜しめず遠く隠れ病むわれは



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム