あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

身延深敬園  鈴木靖比古さん(1)



癩を病むわれに飼はるる鶏の今日もうましき卵生みたり




渓深き身延の寮に起き臥せば仰ぐ空さへ限られてあり







妻も子もいまはの際に遂に来ず霙降る夜を君の息絶ゆ




今か逝く友の息づき惧れつつ今宵の看護り安らかなくに




屍を運び去りたる病室は森閑として湯の沸る音




七年の隔りはなし故郷の柿の木立のこの枝振りは




癒えて世に出づるならねど童らは学を修むる癩院にありて





小学を卒へしばかりの弟が癩に堕ちて吾がもとに来ぬ




手風琴奏づる弟の手の指よ萎えずにあれな癩は病むとも




足音に誰彼をしかと聴きわくる盲の聴覚かなしく確か




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム