あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

身延深敬園  山本一夫さん



身延深敬園のカテゴリーは多摩全生園とさせていただきました。

身延深敬園は藤本トシさんの「謎」に登場する印象深い園です。





先生が死ぬまで召せし洋服を囲みて我ら通夜を捧ぐる




見下せる身延の町の北端に紅葉の映ゆる我が園はあり




師の君を焼く白煙り枯原を高く流れてまた地をぞ這ふ




療園の北の果てなる枯原の夕闇にして師のお骨拾ふ




草花のとぎれし季に死に逝ける君の墓前に南天の紅




愛せらるるより愛することの難くして吾が二十五の春は来にけり




吾を産みて去りたると言ふ母そはの生死も知らず只恋ふるかも




参観の人多き日は淋しもよ檻の獣の心持して




蒔く可きは皆蒔き終へてこの宵を静かに雨の降りつぐをきく




癒えずともせめてこの
ままあれかしと日毎続くるプロミン注射




久遠寺の若葉に朝日昇り来て飯食ふ卓を一杯に照らす




思ひきり唄ひ踊れど癩を患む意識は去らず救ひなき吾か



山本一夫さんの略歴
身延深敬園。『河鹿集』第二集(昭和28年)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム