あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  片山桃里さん(3)



逢ひにきて二言三言言っただけ帰る妹よ眼をうるませて




或る時は憎しみしこともありし父十余年ぶりに会へば老ひにし




吾が病あきらめ帰る妹は垣外に出てしきり手を振る




久久に会ひたる母にいたわりの言葉かけずに別れしを悔ゆ




逢にきて吾の洗濯して帰る妹も嫁ぐ日近くなりにき




夫婦して毎月吾に逢ひにきし妹の出産の間近しと聞く




木枯らしに吹かれて帰る人人にまじりて戻る面会の弟




手の平に乗せてくれたる柿一つ赤く切なし胸病む吾に




膿盆に弾片黒く抜き取りて吾を見据える医師の眼うるむ




四度目の手術に指も変形しまだ残る弾片に時どき疼く




垣外の子等が上げたる奴凧吾れの寮舎の上に及べり




片山桃里さんの略歴
大正6年6月千葉に生まれる。昭和12年世田谷自動車隊に入隊。12年中国戦線に派遣。陸軍技術伍長。昭和23年復員。24年発病。多摩全生園に入所。「春嶺」に投句。平成元年11月1日没。享年72。『片山桃里遺稿集』(平成2年)


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム