あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  陸奥亀太郎さん(1)



働きたし大向日葵ひまわりに見おろされ




木の実落つ試歩路の空の青からむ




わが失明知らぬ母在す雪の果




梅干を頬張り男暑に対す




きり一葉足もとに落ち盲いなり




手を触れに来る妻の墓四囲枯るる




盆太鼓音闇に溶け亡ぶ癩




花八つ手膝にこぼるる飯許せ




不治の眼に母子雀の呼び合へる




せみ涼し今日ありて読む点字の書




冬枯や地に力こめ松葉杖




紙鶴一羽不意に落ちたり秋の風




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム