FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

自分に向けて書いた

 IMG_5183.jpg IMG_5198.jpg
 

(1)徹底した自分らしさを出す

(2)放任栽培でも作れるものを作る

(3)水の要求量の多い野菜は少ししか作らない

(4)害獣が狙う野菜は少ししか作らない

(5)旬に徹底的に忠実に蒔く

(6)ハウスがないから農閑期にいろんなことができた

(7)病害虫の少ない野菜を中心に作る

(8)消費者の意向は考えない。あくまで自分が主体の野菜作りをする

(9)人の真似は農業では難しい

(10)上手な人の作り方は参考にならない

(11)あくまで我流でいい

(12)自分の野菜のファンを作る

(13)忙しすぎたらいい知恵は浮かばない

(14)自分が楽しめる作物を作る

(15)組織で農業をしない。農業は個人(家族)でするもの

(16)6次産業化など大きな投資は決してしてはいけない

(17)手取り100万円(高いハードル)の農業をめざす

(18)手取り100万で生活がまわらないなら農業は難しい

(19)150万以上の過大な農業投資は農業自体を縛る

(20)無農薬、無化学肥料は農業者の負担を増やすだけ
 
以上、自分に向けて書いた。
 
2030年 農業の旅→ranking

 










このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ