あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  白浜 広さん


路傍の歌


母さん━━

あなたは知らない

谷合の流れに

白樺の梢に

荒れた地平の涯に

しとしとと みぞれ降る

今日の日を


幽遠のかげりに

あなたが逝ってから

あなたを慕い

どんなにか恨み

昼は太陽に眼をそむけ

星々の睡る夜空の下で

冷たい靄の立ち籠める

暗い山里を

幾度も幾度も越えました


また渇き餓えて

黒い淀に眠るとき

あなたのいない夕暮が

あなたの見えない空の色が

童子のように

わたしを悶えさせ

ひとつの肯定も

否定もなく はては

無限の彼方に

押しやるのでした


母さん━━

果しなき紺青の下に

あなたの知らない

旅路があるのです

あなたの知らない

轍があるのです

わたくしだけに約束された

滂沱のあしたがあるのです


母さん━━

ひとり佇む雪の夜

隙間もれる薄ら灯の中で

ぎりぎり握りしめた

節くれのこぶしが今凍っても

わたしには

振り捨てることの出来ない

負債があったのです

鉄鎖に繋がれた

掟があったのです

天に祈り泥土に跪いても

なお 呵責な

地上の摂理があったのです


でも母さん みんな

あなたの知らない事なのです

もし天国のあなたに

聞えてくるものがあったら


それは しとしとと霙降る

とおい地の涯で

癩という名の病を背負った

浮浪の子が掻き鳴らす

長い長い巡礼の旅の

鈴の音なのです



白浜広(伊藤博、伊藤赤人)さんの略歴
1928年北海道礼文島に生まれる。ハンセン病の宣告を受けて3か月後、全生病院に入院(1934年)。自治会文化部に勤務、また評議委員を務めた。1940年「多摩」に詩を投稿、以来1954年同人誌「灯泥」、1957年「石器」に参加。その後北見洋介の筆名で約20年間「多摩」に発表する。1985年「多摩」俳句欄に投句、1999年五行歌の短詩型の魅力にひかれ投稿。五行歌同人。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム