あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  島田秋夫さん(3)




野辺の草食み足りし牛がバスの前を横切りてゆく故里の路




恩給年金に今も使へりビルマ戦に肌身離さず着けし印環




またひとり敵をつくりしか悔みつつ会議のメモの整理終へぬ




耐へることのみしひられて老いしいま耐へること吾が弾丸の古傷




病室に点滴を射つ看護婦のうなじに春の陽の柔らかし




夕茜映ゆる稲田に落穂を拾ふ老いし農ひとり亡き母に似し




熊と言ふあだなで呼ばれし戦友も病む床に涙ぐむまでに老いたり




還らざる戦友が時折夢に顕つ赤く大きく月ののぼり来ぬ




夕配膳ひと時にぎはふ病廊にさんまの匂ひ深き秋知る




花と花揺れあふ風を聴きとめて藤棚の下に暫しを憩ふ




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム