あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  木谷花夫さん(3)



簡素なる生きざまといへど一椀のスープを一日ひとひかかりてすする




外科治療補助婦となりて働ける妻よ収入日は菓子など買ひ来る




耳の中に泪の流れ入りしまま静けかるべしや今朝の悲しみ




このわれの微けき生命看護婦の友らがくるる血にぬくもれり




声の郵便

童謡を歌ふ幼子よ父われの面も忘れて育ちつつあらむ




黄なる涙

蜆汁日毎にすする現身の眼に黄なる涙たたへて(黄疸併発)




癩予防法改悪反対の運動、全国癩療養所に於て一斉に高まる

動ける者皆出で行きて癩園に残れるは重病患者のわれらのみ




刻刻に情報を伝へつつすでに遠く炎天を行けり癩陳情の一団




子の便りやや遠のきし日日にして静けき物体の如くに生くる




遠き母
夜の更けに蜜柑をむけり生き残るしぐさを遠く見給ふ母よ



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム