FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

今日の出荷

 IMG_5135.jpg

田んぼは草山。ヤギはぜいたく。気に入った草しか食べてくれない。

ヤギの除草効果・・・ほとんど効果はない。あると思えるのは風景効果と癒し効果であるが、癒し効果は負担(世話のストレス)と表裏の関係にある。


IMG_5147.jpg IMG_5149.jpg

久しぶりのニワトリ画像。

ニワトリは高いところにある止まり木が好きなので、「家畜福祉」のために、ニワトリの止まり木はできるだけ高くしてあげましょう。

炎天が続いているが、この時期には、スイカの残渣や、取り遅れたバットキュウリなどのウリ科野菜をニワトリは喜ぶ。


今日の出荷

ワンパック宅配(セット野菜)

1類 タマネギ(250円)
    ジャガイモ(200円)

2類 キュウリ2単位(200円×2=400円)
     ナスビ(100円)
    ピーマン(200円)
    オクラ2単位(150円×2=300円)

3類 ナンキン(250円)

4類 エンサイ(150円)
     ツルムラサキ(200円)

その他 ミョウガ(150円)
      芋づる(200円)

サービス品 青シソ2単位 ニンニク小2個
        タイム、レモングラス、セイジ→ハーブティ

合計2400円+送料800円=3200円


スーパーの産直

エンサイ16単位(90円×16=1440円)

ツルムラサキ8単位(120円×8=960円)

青シソ14単位(90円×14=1260円)

オクラ8単位(120円×8=960円)

合計4620円。全部売れたとして自分の取り分は、4620円×85%=3927円

つまり、スーパーの産直はワンパック宅配の2軒分(2400円×2軒=4800円)より売上がかなり劣る。


ワンパック宅配(セット野菜)と、産直(直売)は、並行出荷して初めて比較して考えることができる。


産直(直売)の場合、夏野菜(6月中下旬~10月中下旬の4ヶ月間)は、上記4種類しか勝負できそうにない。他の野菜には苦手意識がある。目標は、
エンサイ(12単位)×90円=1080円
ツルムラサキ(12単位)×120円=1440円
青シソ(12単位)×90円=1080円
オクラ(12単位)×120円=1440円
合計5040円

つまり、4種類×各12単位で、1日、5000円の売上を目標にしたい。


夏野菜だけでなく、春夏秋冬、産直(直売)では4種類を12単位ほどづつ百円前後の価格で売リ、1日、5000円ほどを目標にしたい。

直売所主体に切り替えてから、ワンパック宅配(セット野菜)の方が利益率が高いと思い始めたが、年齢的に、ワンパック宅配(セット野菜)の新規営業をもう一度する元気はない。 

2030年 農業の旅→
ranking




 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ