あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  鈴木和夫さん(2)



点字より指離さずにものを言ふ
山岡響のひたすらの顔




無花果の蜜吸ふ蜂ら風立てば風にさからふ羽音たくまし




夕暮の俄に冷ゆる家あひを動物試験の山羊曳かれゆく




豚の顔見てゐてこころふとさびし豚には眉も睫毛もありぬ




死んだ魚の目玉の方が美しいと或る日洗眼しつつ言はれき




足を断ち腕も断ちたる亡き友の骨拾ふとき磯鵯の鳴く




抜き捨てし菜の花よりも立場なきわが身と思へ寂しかれども




父母のいづれの性か時折に身をもてあまし声叫びたし




足をちぢめわが眠るらしマットレスのおのづからなる窪みかなしも




逝く年を惜しみて酒を分ち飲む義足の友のあぐら居小さし


2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム