あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  鈴木和夫さん(1)



隠れ病む身にもろもろの音きこゆ風は南に変りゆくらし




二十九年淡淡と過ぎしにはあらず柩の父の重かりしこと




健やけき日のわが姿大切に会ひに行かぬとたらちねの母




妹二人嫁ぎて便り絶えしことも宿命として我は病みをり




病む命重荷の如く負ふ我にやさしかりけり兄の便りは




わが鼻を診て手を洗ふ若き医師きれいな仕事ではないとつぶやく




煤けたる栃木の地図を壁に貼り友は常臥す故里なれば




文机の前に座るが何処よりも落ちつくと言へり鈴木楽光氏




けもののごと癩病む友を処刑せしと声怒りいふ関原弁護士




死刑囚の友の書類は癩ゆゑにピンセットにて抓まれしといふ



2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム