あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  光岡芳枝さん(1)



楽しかりし日の思ひ出よ今はただ吾を泣かしむるその想ひ出よ




まこと吾れは幸人なりし羨しらに人らが言ひしきのふの日まで




病む足をしみじみ撫でつつ泣かるるを言には出さず日日を耐えをり




発熱のなき日もあれば足を断たむおもひにぶりて日向に遊ぶ




両足を断ちて生くべくつひにかも心定めて医師の前にあり




両足断ちて八十余日漸くに歩み初めたりかくやすやすと




幾度か父は来ませどつひにつひに言はず別れし足断ちしこと




母父の来まさば告げむ
おそれなく足断ちしこと歩み得ること




米にかへ野菜に代へし幾枚の衣類を惜しと思ふこのごろ




三度びまで縫ひかへし浴衣この夏のいのち保てと労はりつつ着る


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム