あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  桜戸丈司さん(2)



木の芽匂ふ春の嵐の吹きしきて埃はまぶた閉ぢぬ目に入る




少年のある夜母と仰ぎし一つ星永遠なる光母を恋はしむ




窓閉ざし指読する部屋に匂ひつつザボンの皮の煮ゆるたのしも




苦しむためのいのちなりともおろそかならず夕光に返り咲きし沈丁花匂ふ





病み臥り光と風とこころよき窓に匂へる鈴蘭の花




眼鏡のふれむばかりに面寄せて吾は向ふも矢車草のはな




この墓地にただ一つ白系ロシヤ人ハリスの墓ぞ悲しかりける




フォークを手に持たせ呉れたるいささかの事なりながら嬉しみ食ひぬ




燕一羽入りきて鳴けば病室がたまゆら明るくなりたる如し




2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム