あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

焼きナスビ



IMG_5512_20170625184445735.jpg IMG_5514.jpg IMG_5521.jpg

ナスビは縦に3等分か4等分する。

熱したフライパンに大さじ1の油を入れ、蓋をして極弱火で裏表4分ほどずつ焼いて皿ににとり、醤油をまわしかけて出来上がり。



海鮮の味噌汁

IMG_5516.jpg IMG_5518_2017062518444918f.jpg IMG_5528_201706251844200cc.jpg
IMG_5532.jpg

鍋にタマネギ、ズッキーニ、ダイコン、ニンジン、ナスビを入れ、水とダシの素を入れ、煮立ったら弱火にして、15秒湯通しした海鮮(びんちょうマグロ)を入れ、10分煮て、味噌を溶き入れ、煮立たせないように3分ほど煮て出来上がり。



ナスの辛子漬け

IMG_5526_20170625184419238.jpg IMG_5530_201706251844227f7.jpg

ナス2本は縦半分に切り、横に1センチ幅ほどに切り、塩をふってもみ、1時間ほど置く。水気をしぼり、大さじ1の酢をふる。

お椀に小さじ1の練りからし(チューブ)を入れ、各大さじ1のみりん、酒、醤油、味噌を入れて溶き、ボールに入れ、ナスと混ぜて出来上がり。昼作ると夜には食べれる。


前回同様「即席※ナスの辛子漬け」と「なすのからし漬け」を参考にした。



ダイコンおろし


IMG_5510.jpg
   




ラッキョの醤油漬け   
  
IMG_5523.jpg  

ラッキョの甘酢漬けは1週間ほど前、海苔の瓶に2つ作ったが、まだ少し畑にラッキョウが残っていたのを掘り上げ、醤油漬けにした。

ラッキョウはよく洗って熱湯をかけ、冷めたら瓶に入れ、醤油をひたひたより少な目に入れ、各大さじ1の酒、みりん、酢を入れ、混ぜて出来上がり。3日ほどしたら食べれる。「らっきょうの醤油漬け」を参考にした。



2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム