あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  岩本孤児さん



乙女娘おとめごの入院あると聞く毎に妹もつ吾はおののき覚ゆ




草の穂より穂に移りては鳴きにけり頬白き鳥あいらしき鳥




病みやめば子等の如くによろこびぬたった一つの水蜜桃に




その昔の思ひ出もあり沁沁と運動競技のどよめきに立つ




(病床より)
ものなべて定かに見えぬ日の夕べ食塩注射施されたり




(病床より)
熱ひくにつれて庭木に群れ遊ぶ小鳥の声は聞え来りぬ




愁もつ瞳と瞳見合せつ病室の火鉢かこみゐるかも




癩性結節性紅斑に又もはれたる此頭わっても見たし刃物を持ちて




繃帯を替へて貰ひつ思ひけり手負ひとなりし穴のけものを





どうだいと呼びかけられし一言が無闇にうれしき日のありにけり



岩本孤児さんの略歴
全生病院。『東雲のまぶた』(昭和5年)『曼珠沙華』(昭和9年・故人)


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム