FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

採蜜

20100720_002.jpg 

4月20日に巣箱に入ってきたミツバチの「採蜜」をした。ちょうど3ヶ月経過しただけだが、画像のような巣作りがすでにできていた。
 
 
 
20100720_025.jpg  20100720_016.jpg

4.5段(0.5段は巣門のある最下段の箱)ある箱の、一番上の箱の巣を失敬して、ハチミツを搾った。

1週間前にスロー人さん方で見学させてもらった採蜜作業がとても参考になった。


数日前に、百円ショップ等で採蜜作業の一式を購入していた。

(1)ポリのバケツとバケツに合うザル2つ

(2)木枠から蜜ロウを外す細長い包丁(刺身包丁)

(3)ビニール手袋(再度購入)2足

(4)麦ワラ帽子

(5)さらし



かなり重装備で山へ上がった。

(1)ビニール手袋の上から軍手をはいた

(2)冬用の上着を着た

(3)頭には蜂用ネットをかぶり、タオルで首を巻いた

それでも耳を刺されたので、タオルで「ほおかむり」をした。



手順は、

(1)巣箱の最上段の蓋をとり、最上段にのせているベニヤ板をケプラー12号というタコ釣り用の糸(針金のようなもの)で裁断してベニヤ板を取り除く。

(2)(1)と同じ方法で、最上段の箱を裁断してはずす。

(3)0.5段の巣門のすぐ上に、新しい一箱を挿入して完了。
 


その後の作業は山から下りて物置の日陰で、木枠から包丁で蜜ロウをはずす作業をした。

蜜ロウをはずした後、蜜ロウを包丁で3段に切り、蜜が流れ出やすくして、バケツのザルの上に置く。この状態で一晩おいておくと、翌朝にはバケツに蜜が溜まっている。



貴重な経験をさせてもらった。

援農してもらっているUさんが手伝ってくれたからできた。


今回の蜜の量は、スロー人さんが1週間前に採蜜した量の3分の1も取れていないと思う。

それでも、自分の巣箱で初めて採れたハチミツは感激だった。

こういう作業はあまり得意でないが、回数をこなして慣れていくしかない。
 
2030年 農業の旅→ranking






このページのトップへ

コメント

 初採蜜おめでとうございます~m(_ _)m
画像では蓋掛けされた巣房が少なく、まだ採蜜時期には早いようです。
糖度がやや低いかもしれませんので、お早めに消費下さい~(^^ゞ

  • 2010/07/21(水) 06:10:27 |
  • URL |
  • スロー人 #qbIq4rIg
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ