あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  平鍋狂濤さん




もの云はぬ物に手荒くあたりたるその悔心身にくひ入るも




桜など咲かば癒えめと人も云ひ吾も思へり思ひつつ病む




一度には病のために悪しかりと二つの餅を一つ残せり




血に泣きて神を呼びにし胸ぬちにいつとは知らず溜息をおぼゆ




そこはかの金をにぎりておのづから心の底にあるゆとりかも




一族の呪ひとなりし吾が病いたはり来つつ年を経にけり




忘れ得ぬ人を忘れてこの秋も身一つに聞く風の音はも




吾が影の淡くなりしと友の云ふを笑ひては聞けど寂しさの湧く




紅のサルビヤの花と水薬と並べ置きあり吾が枕もとに


平鍋狂濤さんの略歴
全生病院。昭和初期の全生病院の短歌会の中心的人物。昭和4年の「山桜」「開院二十周年記念号」に短歌会の発祥の頃を「いそしむ道」として寄稿している。症状は重く、文筆以外の活動はしていなかった様子。「死にくじ」(「山桜」1928年5月号)。1935年刊の『野の家族』には故人とある。『東雲のまぶた』(昭和5年)『曼珠沙華』(昭和9年・故人)


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム