あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  山口頂風さん



細細としたためありし母上のふみにかなしさきはまりにけり




患者らの中に交りて看護婦の白衣のめだつ茶つみなるかも




しのびては杖をたよりに時おりは友のみ墓に参りてぬかづく




行末は如何になるかと明暮に一人案じて病む身久しき




次次に遺骨となりて故郷へ帰る兵士等を思ふ悲しさ




病み伏せる部屋に折折聞えくるボールの響胸にこたへつ




縁に出て髭をそらんと立てかけし鏡にうつる庭の花木瓜




武蔵野の土となるべく今日も又一人野に出て畑を耕す




病みぬいて此の頃飯のうまければ三度の食も待ち遠しかり




やうやくに出来上りたる新茶皆分けて貰ひぬ部屋部屋毎に




うつし世に生きてかひなき此の吾を兄にもちたる弟あはれ



山口頂風さんの略歴
全生病院。昭和7年37歳で没。『東雲のまぶた』(昭和5年)『曼珠沙華』(昭和9年・故人)




2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム