あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

多摩全生園  金森契月さん(1)



ほのかにも指に残れる摘草の香は親しけれ日記書きつつ




先祖より受けし田畑も幾年の薬の料となりにけるかも




我が病秘めて遠くに嫁ぎ行く妹を思へば涙さしぐむ




手術場の廊下の窓ゆ向ふ庭のざくろの赤く芽吹けるが見ゆ




草の根を母にほらせて幾年を家に病みにき悲しききはみ




含嗽うがひ水吐きすつる窓の下べより雀飛び立つ一羽また一羽




貧しさに薬ものまで死にしとふ人の話はきくに堪へざり




氷嚢の水を捨つると戸をくれば木せいの香の流れ入りにけり




まどの外に箒のおとのかそけくもして医務室のひるの静かさ




新らしき畳の香ひすがしみて寝ころびしまま本をひらくも




2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム